iromori

About us

IROMORIは京都の地で長く培われてきた手描き友禅の技法を用い、
染匠がこだわり抜いた独自の色展開で1点1点、職人が染め上げた友禅生地を切り売りする新しいカタチのショップです

IROMORI has its own color development
One by one, craftsmen dyed with traditional technique.
It is a new shape shop that cuts Yuzen fabric

IROMORIとは

色を贈る

Our Story

色を贈る

贈り物をする時、そこには必ず誰かを想う気持ちがある。
口にするのは少し照れくさい、言葉だけでは伝わらない相手を想う気持ちを贈り物に添えて
贈る側は相手を想い、贈られる側は大切に想ってくれていることに気づく
想いと想いが重なる時、本当に美しい色が生まれる

When you give a gift, there is a feeling that you certainly think of someone there.
It is a bit embarrassing to speak,Attaching feelings to thinking of opponents not transmitted only by words to gifts.The recipient thinks of the partner and notes that the person who gives cherish is cherished carefullyWhen feelings and feelings overlap, a truly beautiful color is born.

一枚の生地に願いを込める

私たち日本人はいにしえの時代から
美しい自然の中に溢れる色彩を取り入れ
美しさを表現してきた

私たち日本人はいにしえの時代から
美しい自然の中に溢れる色彩を取り入れ
美しさを表現してきた

幼子の成長を願う、家族の繁栄を願う、長寿を願う・・・
大切な誰かを想い、その想いを柄に表現して作られた着物。またファッションとして自己表現の一部でもあった着物という文化を現代にわかりやすい表現に変え伝えていき、現代において生活の一部となるよう、新たな文化の創出と、伝統の継承が私たちのブランド意義です。

Wish for child's growth, wish for families prosperity, wish for longevity · · · A kimono made by thinking someone important and expressing that feeling with a handle.Also a culture of kimono which was also part of self expression as fashion.I will convey it to expressible expressions in modern times, In order to become a part of life in modern age, Tradition inheritance is our brand significance.

Product

  • 撫子
    撫子NADESHIKO
    いつまでもあなたらしく
  • 撫子
    SUGI
    未来はまっすぐ繋がっている
  • 撫子
    薄紅USUBENI
    大好き
  • 撫子
    薄鳩羽USUHATOBA
    想いが届く